【EMSの効果】ダイエットやたるみに効果なし!?科学的根拠から徹底解説

あなたは、EMSという単語を聞いたことがありますか?
美容やトレーニング事情に敏感な人なら、この単語を聞いたことがあると思います。

EMSを簡単に説明すると、電気刺激によって筋肉を動かし、鍛えることのできるエクササイズ機器。

機器を当てるだけ、貼るだけで筋肉を鍛えることができる夢のような機器。

今回は、そんなEMSについて詳しくご紹介していきます!

・EMSで期待できる効果
・EMSのメリット・デメリット
・EMSの口コミ
・効果的なEMSの使い方
・お得に利用できるセルフエステ用EMSの機能
について説明していきますので、これからEMSを利用したい、セルフエステに通うことを検討している人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

  1. EMSで期待できる効果
    1. 筋トレ効果
    2. ダイエット効果
    3. EMSは痛みがあるの?
  2. EMSを使用するメリット・デメリット
    1. EMSを使用するメリット
      1. 怪我の心配がなくなる
      2. 好きな時に鍛えられる
      3. 続けやすく効果も出やすい
    2. EMSを使用するデメリット
      1. 過度な使用で筋肉痛になる
      2. 水膨れや火傷に注意
      3. 説明書を読み、正しい使用方法を守る
  3. 医学的にも認められている!EMSがトレーニングに効く仕組み
    1. EMSとは?
    2. EMSが効く仕組み
    3. EMSは病院のリハビリにも利用される、科学的・医学的にも認められた技術!
    4. 筋トレとの違い
    5. EMSは鍛えるのが難しいインナーマッスルも鍛えられる!
    6. EMSは対策の難しい顔のたるみやほうれい線を改善してフェイスリフトしてくれる!
  4. EMSを使用した人の評判・口コミ
    1. EMSの良い評判・口コミ
    2. EMSの悪い評判・口コミ
  5. EMSの効果的な使い方
    1. EMSの効果が出にくい人の特徴
      1. 脂肪が厚すぎる
      2. 使用頻度が低いもしくは使用期間が短い
      3. EMSだけに頼ってしまっている
    2. EMSの効果的な使い方
      1. 大きな筋肉から鍛えていく
      2. 筋肉に繊維に対して平行に貼る
      3. 適切な時間帯に使用する
    3. EMSはどれくらいの継続使用で効果が出るのか
  6. 話題のセルフエステで利用できるEMSマシンをご紹介
    1. じぶんdeエステのJDE PRO
      1. JDE PROの特徴
    2. ボディアーキのフォースカッター
      1. フォースカッターの特徴
  7. 正しい使い方をすればEMSは効果がある!

EMSで期待できる効果

まず、EMSにどんな効果が期待できるのか説明していきます。

EMSには大きく分けて
・筋トレ効果
・ダイエット効果
の2種類の効果があるとされています。

どちらも美意識の高い女性には嬉しい効果ですよね。
具体的にどんな作用があって、この2つの効果が発揮されるのか見ていきましょう。

筋トレ効果

EMSを効果的に使うと、表に見える筋肉と、体の深層部の筋肉であるインナーマッスル両方が鍛えられます。

とくにインナーマッスルは、通常の筋トレでは鍛えにくい部分。
ムキムキとまではいかなくても、程よく筋肉がついているしなやかな体づくりをしたいという女性にはオススメのトレーニング部位。

また、筋トレって、始めたばかりの人や運動不足の人が行うには、ハードルが高いですよね。

そんな人でも、EMSを使用すれば最初から高い筋トレ効果を得られます。

EMSは筋力不足な女性にはもってこいの機器なのです。

ダイエット効果

EMSを使って筋肉量をアップすると、基礎代謝がアップします。
基礎代謝が高い人は、太りにくく痩せやすい体になっています。
よって、EMSの利用でダイエット効果が期待できる訳です。

また、EMSで鍛えられるインナーマッスルは、血行を促進してくれる働きも。
この血行が脂肪に溜まった老廃物を流し、老廃物で固まってしまった脂肪=セルライトを解消してくれます。
血行が良く、温かい状態の脂肪燃焼されやすいので、ダイエット中には嬉しい効果です。

EMSは痛みがあるの?

EMSは、正しい使い方をすれば痛みはありません。

しかし、電気刺激を筋肉に送るので、電気風呂に入っているようなピリピリ感があります。
そういった感覚に慣れていない人は、電気刺激の強さを弱めから始めて、徐々に強くしていかないと痛いと感じるかもしれません。

始めて利用されるときは注意してくださいね。

EMSを使用するメリット・デメリット

次に、EMSを使用するメリットとデメリットについて説明していきます。

EMSは筋トレ効果・ダイエット効果を手軽に得られるので、女性にとっては嬉しい機器ですよね。
嬉しい効果の他にも、メリットが3点あります。

逆に、デメリットも3点あります。

メリットとデメリットをよく理解した上でEMSを利用してくださいね。

EMSを使用するメリット

EMSを使用するメリットについて3つご紹介していきます。

EMSのメリットは、一言で言うと「手軽で効果が出ること」。
具体的にどういうことなのか、見ていきましょう。

怪我の心配がなくなる

無理な筋トレは、いつも怪我のリスクと隣り合わせです。
スクワットは膝を痛める可能性がありますし、腹筋は腰を痛めてしまう事があります。
素人が自己流でやる筋トレは本当に危ないです。

ですが、EMSを使った筋トレは体を痛める心配がありません。
なぜなら、機器を貼ったり当てたりするだけで良いからです。

EMSでなら、無理に体を動かす必要がなく、お年寄りや筋力に自信がない女性でも効率的に安全に筋肉を鍛えられます。

好きな時に鍛えられる

EMSを使えば、家事の合間やスキンケアの合間、寝ている間…いつでも筋肉を鍛える事が可能です。
筋トレの時間を作る必要がないので、忙しい人でも好きな時に筋トレをする事ができます。

ただ貼るだけ当てるだけで、理想のボディメイクができるので、とくに主婦に人気のEMS。

とにかく手軽で、自分都合に鍛えられる点が、EMSが支持されている理由です。

続けやすく効果も出やすい

先述したように、EMSは手軽で自分の都合で筋トレできることが魅力。
なので、続けやすいトレーニング方法の1つです。

筋トレって何ヶ月も継続しないと効果が出ないし、キツイから続けるのが苦痛になってきてしまいますよね。
結果として三日坊主に終わり、効果が実感できないことも。

しかし、EMSはキツさもなくお手軽な使用方法なので、毎日簡単に継続できます。
継続しやすければ効果も必ず出ます。

この継続のしやすさと、それによって確かな効果を実感できる点が、EMSのメリットです。

EMSを使用するデメリット

EMSを使用するメリットの次は、EMSのデメリットについて説明していきます。

EMSは女性はもちろん、男性にも嬉しい機器なのですが、使い方を間違えるとデメリットが発生してしまいます。

どんな機器も正しい使い方をしなければ、 怪我をしてしまったりリスクを負ってしまう可能性があります。
使用前に注意点をよく確認してくださいね。

過度な使用で筋肉痛になる

皆さんは筋トレを続けているうちに、筋肉が疲労してしまい限界が来てしまうことを体験したことがあると思います。
これは、脳が筋肉が過度に傷つかないように自制する機能を持っているため。
この脳の自制機能のおかげで、過度な筋トレによる怪我を防ぐことができます。

しかし、EMSで行う筋トレは、脳の神経とは関係ない外部からの電気刺激によって筋肉を収縮させています。
もちろん、EMSは「これ以上筋トレを行ったら筋肉が傷ついてしまう」と感知する機能はありません。

手軽に楽に筋トレができるからといって、長時間EMSを使用したりパワーを上げて使用すると、筋肉繊維が傷んでしまいます。
その結果、重度の筋肉痛を招いたり肉離れのような症状が出てしまうことも。

最初は弱いパワーでトレーニングを行い、自分の体に合わせて少しずつパワーを上げて使用するように気をつけましょう。

水膨れや火傷に注意

EMSは、電極パッドなどを体に直接つけて筋肉を収縮させます。

この電極パッドと身体との接触面積が小さくなることで、一部分に刺激が集中してしまい、火傷や水ぶくれが発生してしまう可能性があります。
例えば、電極パッドをしっかりと身体に貼ったと思っていても、いつのまにか剥がれてしまい、接触面積が小さくなってることも。

電極パッドを貼る前には、粘着力や密着度をしっかりと確かめて使用するようにしてください。
少しでも粘着力が弱まっていると感じたらパット交換するようにするなど、細心の注意を払ってくださいね。

説明書を読み、正しい使用方法を守る

どういったトレーニング機器でもそうですが、 正しい使い方をしないと怪我のリスクがアップしてしまいます。

特にEMSは体に電気を流してトレーニングをする機器。
使い方を誤ると、賃貸に重大な危害を加えることがあります。

特に注意したいのが以下の点。
・心臓疾患、悪性腫瘍、感染症、有熱者、結核性疾患、血圧異常、皮膚知覚障害の人
・妊婦、意思疎通ができない人、酒気を帯びた人
・体内植込型の医療機器を使用している人
・心臓の上や発疹、潰瘍のある部位
・ 急性損傷や急性炎症のある部位
このような人や部位には使用できません。

他にも細く使用についての注意が説明書には記載してあります。
必ず目を通して問題がない場合にのみ使用してくださいね。

医学的にも認められている!EMSがトレーニングに効く仕組み

EMSの効果やメリット・デメリットについてお分かりいただけたところで、具体的にEMSがどのような機器で、どのような仕組みでトレーニングに効くのか一緒に見ていきましょう。

EMSは運動が苦手で、トレーニングやダイエットの方法に悩んでいる人が、効率よく体を鍛えることができる夢のような機器。

一体どのようにして体を鍛えてくれるのでしょうか。

ここからは、
・EMSの仕組み
・EMSの信頼性
・EMSの特徴
について解説します。

EMSとは?

EMSはElectrical Muscle Stimulationの略語です。
筋肉に電気の刺激を与えて筋肉を収縮させ、鍛えるエクササイズ機器。

筋トレでは鍛えにくい筋肉も直接動かしてくれるので、高いトレーニング効果が認められています。

元々は医療器具として使用されていましたが、その高い効果を利用してエステ機器にも導入されています。
近年では、家庭用のEMSの普及も進んでいるので、テレビでEMSのCMを見たことある人も多いと思います。

EMSが効く仕組み

通常私たちの体の動きは、脳からの電気信号によってコントロールされています。
脳は筋肉を動かす信号を、運動神経を通じて各筋肉に届けています。

EMSを使用すると、その脳からの電気信号の代わりに、EMSから筋肉に直接「動け」という電気刺激が流れてくるのです。
そのため、自分で意識しなくても筋肉を動かすことが可能に。

こういった仕組みで、使用者は筋トレをしようという意識をしなくても、EMSをつけるだけで筋トレ効果を得られるのです。

EMSは病院のリハビリにも利用される、科学的・医学的にも認められた技術!

EMSが効果的なことは、海外の研究でも化学的に実証されています。

カナダとデンマークの研究者チームが行った実験で、健康な若い男性を対象に、まず片足を合計210回、何回かに分けて屈伸してもらいました。

太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えるためのトレーニング・マシンを使ったそうです。そのあと、反対の足に電気筋肉刺激を同じ回数だけ行ったという実験です。

筋肉の一部を両足から採取して電子顕微鏡で観察したところ、電気筋肉刺激を行ったほうの足で、筋肉細胞の破壊が激しかったと結論しています。

引用:ビジネスジャーナル

ただし、この実験は筋肉に直接電極を刺して刺激するという方法が用いられているので、皮膚の上から筋肉を刺激するEMSはここまでの効果はないです。

しかし、EMSが筋肉刺激に効果的なことが化学的に証明されたことになりますね。

実際にEMSは、医療機関でリハビリ効果を上げるために開発された医療用機器。
医学的にも効果があることが証明されています。

筋トレとの違い

EMSと筋トレの大きな違いは、やはり筋トレ特有の疲労感を感じないでトレーニングができること。

先ほども説明しましたが、筋トレをする際は、筋肉の過剰な損傷を防ぐために脳が筋肉を保護します。
筋肉が疲れを感じると、脳の信号によってそれ以上筋トレができなくなるのです。

とくに、普段運動をしない人やお年寄りの人は疲れを感じやすく、筋トレで思うような効果が出るまでかなり時間がかかってしまうことがあります。

ところがEMSであれば、脳の信号を介さずに筋肉を動かすことができるので、疲れを感じずにトレーニングすることが可能になります。

トレーニング初心者や、お年寄りでも自分のペースでトレーニングができる点が筋トレとの大きな違いになります。

とはいえ、EMSのデメリットでもご紹介したように、過度な使用は体に悪いので避けるようにしてください。

EMSは鍛えるのが難しいインナーマッスルも鍛えられる!

筋肉は、自分の意思で動かすことができる「随意筋」と、自分の意思で動かすことができない「不随意筋」に分類されます。

EMSは随意筋だけではなく、不随意筋も伝えることが可能です。
不随意筋には、ダイエットや健康には欠かせない「インナーマッスル」も含まれます。

インナーマッスルは体の中心部分に存在しており、自分の意思では動かせないので、鍛えるのが非常に難しく、専門的なトレーニングを要する筋肉。
EMSを使用すれば、このインナーマッスルも鍛えることができます。

インナーマッスルを鍛えることで、体内のバランスが整えられ、身体機能の向上・代謝の上昇など嬉しい効果がたくさん。
インナーマッスルを鍛えたいという人は、ぜひEMSを使用してみてくださいね。

EMSは対策の難しい顔のたるみやほうれい線を改善してフェイスリフトしてくれる!

EMSを使用すれば、年齢とともに気になり始める顔のたるみやほうれい線の改善にも可能です。

顔の表情筋と呼ばれる筋肉は、日常生活では全体の30%程しか使用されていません。
この表情筋は、使わないと加齢や重力に逆らえずに緩み始め、たるみやほうれい線の原因となります。

表情筋を意識して鍛えるのは結構大変なことです。
毎日時間を作って継続して行わないと効果が出にくいので、途中でやめてしまう人も多いでしょう。

EMSは、そんな表情筋のトレーニングを行うことも可能。
体のトレーニングだけでなく、たるみやほうれい線のないハリのある肌を保つためにもEMSは有効なのです。

ただし、体用のEMSは顔に使えないこともあるので、お手持ちの商品が顔にも使える商品なのかしっかり確認してから使用してくださいね。

EMSを使用した人の評判・口コミ

それでは、実際にEMSを使用している人の感想を見て行きましょう。
EMSは、決して安い買い物ではありませんよね。

購入すると数万円かかってしまうこともあるため、使用前に本当に効果があるのか知りたいところ。

ここからはEMSの良い評判と悪い評判をそれぞれご紹介して行きます。

EMSの良い評判・口コミ

まずはEMSに関する良い評判・口コミを見ていきましょう。

・家庭用のEMSを使用中。お腹とお尻をほぼ毎日鍛えており、下から持ち上げている感じがあり、使った後はそれがキープされている感覚があります。 約3週間ほどの使用で、お尻に丸みが出た実感があります。確かに筋肉は鍛えられているようです。(40代・女性)

・ 自分の都合に合わせて使用できるのが嬉しいです。通勤中の使用しています。毎日必ず使用しているので、ウエストがサイズダウンしてきました。腹筋運動は以前はきつくてできなかったのですが、EMSを1ヶ月お腹に使用したところ、できるようになりました。効果はあると思います。(30代・女性)

・ EMSをつけながらジムで運動したら、2ヶ月でウエストマイナス16cmになりました。トレーナーから2ヶ月でここまでウエストが減るのは信じられない!と言われたので、EMSの効果は絶大だと思いました。家にいながら使用するのも良いですが、運動しながら使用するのを私はお勧めします。(40代・女性)

継続使用することで効果を実感できている人が多いようです。
さらに、運動と併用することで高いダイエット効果を得ることができるようです。

使用方法がとても楽なEMS、本当に効果があるのか疑問を感じている人も多いかと思います。
しかし、実際に効果を実感している人の良い評価・口コミがたくさん存在していました。

EMSは正しく使えば、筋トレやダイエットに効果があります。

EMSの悪い評判・口コミ

次に、EMSに関する悪い評判・口コミを見ていきましょう。

・市販のEMSを使用しています。効果はこれからだと思いますが、パッドの寿命が短いので購入しても追加でお金がかかります。 貼り付けるタイプのものは、剥がした後にペタペタするので、拭く必要があり少し面倒でした。

・ 使用して1ヶ月。電流が効いている感じはしますが、シェイプアップ効果は感じられていません。 (20代・女性)

・表面だけピリピリしている感じがして、中の筋肉まで聞いている感じがしません。(40代・男性)

・ 効果自体はありますが、市販の家庭用のEMSは耐久性がないのでそこが不満です。 買い直したり、パッドの交換をしなきゃいけなかったりで、正直手間だと思いました。(30代・女性)

EMSの悪い評判・口コミを探してみましたが、「効果には満足」という意見がとても多く、驚きました。

しかし、少数派ですが、効果を実感できなかったという人もいました。
効果を実感できなかったという人は、この後にも書きますが、使い方が悪いのかもしれませんね。

家庭用のEMSでとくに悪い口コミを集めていたのが、
・耐久性の低さ
・メンテナンスの必要性がある
という点。

EMSのパッドは消耗品ということもあり、自宅用のものは定期的に買い替えやメンテナンスをする必要があります。
そこが使い勝手が悪いと利用者が感じる点のようですね。

しかし、確かに効果があるEMS。
トレーニングやダイエットを始めたいという人は、使用してみても損はないと思います。

EMSの効果的な使い方

EMSは、ただ使用すれば良いというものではありません。
正しい知識を持って使用しなければ、効果が半減どころか、効果が出ないこともあります。

せっかく入手したEMSを押入れ行きにしないためにも、効果的なEMSの使い方を学んでおきましょう。

EMSの効果が出にくい人の特徴

悪い口コミで少しあった、「効いている感じがしない」という意見。

効果を実感できていない人は、もしかしたらEMSの使用方法が正しくないのかもしれません。
実は、EMSの使い方によって効果が出やすい人と効果が出にくい人がいます。

もし、今EMSを使用していて効果を実感できていないという人は、今からご紹介する3つの要素に当てはまっていないか確認してみてください。

脂肪が厚すぎる

EMSを使用して痩せたいと思っている人の中には、ウエストの脂肪が厚い人もいるかもしれません。
ウエストの脂肪が厚い人がEMSを使用しても、十分な効果が期待できない場合があります。

EMSは電気刺激を筋肉に直接伝えてトレーニングをする機器です。
脂肪は筋肉の周りを覆っているので、脂肪が多いとEMSの電気刺激は、筋肉にまで伝わりません。

また、脂肪があるからといって、その分どんなにEMSのパワーを上げても、脂肪がのせいで電気刺激を筋肉に伝えることができません。
皮膚が傷ついてしまうので、効かないからと言ってパワーをむやみにあげることはやめてください。

電気刺激が筋肉に伝わらなければ、筋肉をトレーニングすることはもちろん不可能です。
よって、ウエストの脂肪が厚い人は、EMSの効果が出にくいのです。

使用頻度が低いもしくは使用期間が短い

筋肉のトレーニングは、定期的に継続することがとても大切。
筋トレは、集中して一週間やったからといって結果が出るものではありませんし、週に1回を継続したところで、効果は出ませんよね。

EMSも同じです。
使用方法が正しかったとしても、たまにしか使わないなど、使用頻度が低いと効果は実感できません。

そして使用期間が短くても効果は実感できません。
筋肉の鍛えられ方は個人差があるので明言はできませんが、最低でも3ヶ月は使用してみましょう。

EMSだけに頼ってしまっている

EMSは、単体でも筋トレやダイエットに非常に効果的な機器です。
しかし、EMSを使っているからといって、他の努力を一切しなくてもいいというわけではありません。

EMSを使っているから全く運動をしない、食事に全く気を使わない、という人は当たり前ですが効果がでません。

あくまでもEMSは、他の筋トレやダイエットの効率を上げるための、手段の一つとして捉えておきましょう。

EMSだけに頼り切っている人は、期待している効果を実感できないかもしれません。

EMSの効果的な使い方

その手軽さや効果の高さから、一般家庭にまで普及したEMS。
しかし、本当に効果的な使い方ができている人はどれくらいいるでしょうか。

例えば、質の良いEMSの機械を買っても、パッドを貼る位置を間違えていると十分な効果が実感できないことがあります。

ここからは、EMSを効果的に使う方法として
・効率的にダイエットをするために覚えておきたい、筋肉を鍛える順番
・EMSのパッドの貼り方
・EMSを使用するのに適している時間帯
についてご紹介していきます。

大きな筋肉から鍛えていく

筋肉には大小さまざまな大きさがあります。
筋肉は大きければ大きいほど、比例して代謝量も大きくなっていきます。

代謝を上げるために鍛えたい筋肉は、「太もも・お尻・腹筋・胸・背中」。
とくに効率よく代謝を上げたいのであれば、 太ももとお尻から鍛えていくのがオススメ。

ダイエット中は、二の腕などの外から見える部位をどうにかしたいと思ってしまいがちですが、小さな筋肉から小さな筋肉から鍛えるのは非効率的です。

代謝量が多い大きな筋肉を鍛え、基礎代謝を上げてから気になる部分にアプローチすると効率的なダイエットが可能になります。

筋肉に繊維に対して平行に貼る

筋肉はわら納豆のように、中央が太く両端に行くほど細い形状をしています。
この形状をしている筋肉を効率的に鍛えるためには、中央部分ではなく、細くなり始めた部位の両端にパッドを貼る必要があります。

電流はパットからパットに流れるので、このような貼り方をすると、筋肉全体に電気刺激を送ることが可能になるのです。

太ももの筋肉であれば、太ももの付け根から膝のやや上まで、縦に貼ると効率的に筋肉を鍛えることができます。

電極パッドの貼り方も意識して使用してみてくださいね。

適切な時間帯に使用する

EMSの効果を最大限に引き出せる使用時間。
それは朝7時〜夜の19時です。
早朝や夜間の使用は効率的ではないので避けましょう。

なぜかと言うと、早朝や夜間は「コルチゾール」というホルモンの分泌量が上昇するため。
このコルチゾールは、脂肪を蓄えたり成長ホルモンの分泌を妨げ、代謝を落とす働きがあります。
代謝が落ちている時間帯に運動しても、効果は薄いです。

夕方はコルチゾールの分泌量が少なく、成長ホルモンが分泌されやすいので、とくにEMSを使用するには最適な時間帯。

いつでもどこでもトレーニングができるというのはEMSの最大の魅力ですが、時間を意識することで効果を最大限にすることができます。
時間に余裕がある人は、夕方の使用を心がけてみてください 。

EMSはどれくらいの継続使用で効果が出るのか

EMSの効果が出にくい人の特徴でも言いましたが、EMSは短期間の使用では効果を実感することができません。

通常の筋トレの効果を自分で実感できるまでには3ヶ月、他人に気づいてもらえるまでには6ヶ月必要だといわれています。
EMSも通常の筋トレと同じくらいの期間使用し続ける必要があります。

使い始めても、なかなか効果が実感できずに諦めそうになる期間もあるでしょう。
しかし、最低3ヶ月は諦めずに、EMSの使用を継続してみてください。

必ず効果を実感できますよ。

話題のセルフエステで利用できるEMSマシンをご紹介

EMSの悪い口コミで多かった意見として「耐久性やメンテナンスの手間に問題がある」というものがありましたね。
実はそのデメリットとは無縁なEMSが存在します。

それが、セルフエステのEMSマシーン。
実際にエステで使用されているハイクオリティな業務用のEMSマシーンを、セルフエステでは使用することができます。

セルフエステのEMSマシーンは、毎月の定額料金を払えばメンテナンスの必要は一切なし。
しかも、セルフエステであれば、1回数万円する高効果なEMS機器を定額で使い放題!

市販のEMSでは物足りない!
もっと効果を実感したい!
という人向けに、セルフエステのハイクオリティなEMSマシーンをご紹介していきます。

じぶんdeエステのJDE PRO


じぶんdeエステは、月額5,980円からの料金プランで通い放題のセルフエステ。
予約不要で定休日なしなので、自分のスケジュールに合わせて通える点が最大のメリット。

そんなじぶんdeエステには、大手エステサロンにも1、2台しか設置されていない高級マシンが100台以上準備されています。
個室で高級マシンを独り占めして使い放題な、嬉しい話題のエステ。

今話題のじぶんdeエステで使用されている「JDE PRO」というマシンについて説明していきます。

JDE PROの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

久しぶりにプロを使ったら、めちゃくちゃよくてびっくり‼️ 硬いお肉に特に効果がありました。 プロのキャビテーションは、#じぶんdeエステ のマシンの中で1番威力が強いものなので、お肉が多くて硬い人がまず柔らかくするのにおすすめです。 私は腰を今まであまりやってこなくて、腰の肉が硬いことが悩みだったのですが、一回でかなり柔らかくなってびっくりしました。 #ダイエット #セルフエステ #じぶんde女子 #ダイエッターさんと繋がりたい #jdepro #肉質を柔らかく #キャビテーション

Hanaさん(@hana.ma.u)がシェアした投稿 –

JDE PROは1台で、
・ラジオ波で体内を温め脂肪を燃焼しやすくしてくれる機能
・超音波で脂肪を溶かしてくれるキャビテーション機能
・電気刺激で筋肉運動をしてくれるEMS機能
の3つの機能を果たしてくれる夢のようなマシン。

JDE PROのEMSは、こぶしサイズのEMSヘッドで脂肪を吸引しながら電気刺激を送ってくれます。
吸引のパワーで脂肪をもみほぐすエステ効果とともに筋肉に働きかけてくれるので、まさに一石二鳥。

EMSに高いダイエット効果を期待している人にオススメできます。

じぶんdeエステについて詳しく知りたい方はコチラ

ボディアーキのフォースカッター

次に同じセルフエステでも、導入しているマシーンが全く異なるボディアーキについてご紹介していきます。

ボディアーキで使用されているエステマシーン「フォースカッター」は、高級エステサロンなら1回で2〜3万円以上も払わないと使用できないほどの高性能エステマシン。

そんなマシンを、 月額1万円からの料金で使い放題なのが、ボディアーキの大きな特徴。

フォースカッターの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 1週間ぶりにBODY ARCHI💪 . 食べることが好きすぎて、毎日毎食ついつい食べ過ぎちゃう私には週に一度のBODY ARCHIが中々欠かせない🤔 . 今日は、お部屋に「ボディメイクチャレンジ」のファイルがあったので、挑戦した💪💪 . 腕は中々かけるの大変で…これだけで痩せそうな気がする。でも、だからこそいっぱい食べると大変だなってセーブに繋がる気もする( °꒫° )💓 . タルタルの二の腕が、クリスマスまでにはシュッとしますよーに😌🙏🏻❣️ . #bodyarchi #ボディアーキ #ボディアーキ渋谷桜ヶ丘店 #diet #ボディアーキ好きな人と繋がりたい #ダイエットしてる人と繋がりたい #ダイエット #like4like #followforfollowback #l4l #美容好きな人と繋がりたい #beauty #instagood #beautycare #healthy #instabeauty #imonadiet #loseweightfast

mai🌷さん(@mai_mogumogu22)がシェアした投稿 –

フォースカッターは、
・2種類の電磁波で脂肪の奥まで集中的に加温し、固い脂肪も燃焼してくれるラジオ波機能
・脂肪をほぐし、筋肉を刺激して体を引き締めてくれる吸引・EMS機能
・電気穿孔法の技術を応用し、鼻の奥まで美容成分を浸透させるポレーション機能
・肌を活性化させる作用がある光を照射することによって、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートするLED機能
の4つの機能が備わっています。

フォースカッターもJDE PROと同様に、吸引を行いながらEMSの電気刺激を送ってくれるマシーン。

マッサージ効果と同時にトレーニング効果も得られるので、効率よく理想のボディ作りに役立ってくれます。

ボディアーキについて詳しく知りたい方はコチラ

正しい使い方をすればEMSは効果がある!

以上、
・EMSで期待できる効果
・EMSのメリット・デメリット
・EMSの口コミ
・効果的なEMSの使い方
・お得に利用できるセルフエステ用EMSの機能
についてご紹介してきました。

EMSは医学的にも科学的にも効果を認められたトレーニング機器です。

今まで「効果があるか不安で使えなかった」という人も、安心してご利用して頂けることが分かってもらえたと思います。

EMSはただ使えば良いというものではなく、正しい使い方や効果的な使い方が存在します。
今まで効果が実感できなかったという人も、使い方を改めて見直してみてください。
正しい使い方をすれば、必ず効果は実感できます。

自分でEMSを選んで買うのが不安、より高い効果を得たい、という人はセルフエステのEMSを使用することをオススメします。

定額で高級エステのEMSが使用できるのはとってもお得ですよね。

きっとあなたの理想のボディづくりの役に立つので、効率的にEMSを取り入れてみましょう!

セルフエステについてもっと詳しく知りたい方はコチラ!
⇒【2019】セルフエステのおすすめランキングをレポ

タイトルとURLをコピーしました